トップページ(個人受講者さま)


改善介護士とは


一般社団法人日本高齢者改善介護協議会(理事長:岩下由加里)の認定する資格です。
基本業務である介護能力に「改善力」「観察力」「対処力」「連携力」の4つの知識・能力を加える事で、要介護者のQOLレベルの改善を図る事を可能にする介護士です。

※QOL(Quolity of life )とは、生活の質と訳され、たとえ要介護状態であっても自分らしく生きること。

ナイチンゲールの看護論が改善介護の基本となります

 



こんな問題
抱えていませんか?

  • 事業所の介護職員をどうやって教育したら良い介護ができるのか? と悩んでいる介護職員のあなた
  • 医療に関する知識が足りず、介護と医療の連携に不安を感じているあなた
  • オーナーや他の職員からの理解が足りず、事業所内での孤独を切に感じているあなた

法人の方はこちら ▶

改善介護士養成講座は そんなあなたの抱える問題を解決するメソッドです。

介護職員の方へ~仕事に活かせます~


事業所内でひとり頭を悩ませ、
心を締めつけなくても良い環境をご用意

  • 教育能力・管理能力向上により、同じ理解力を持つスタッフを育てられます。
  • 医療との連携を学び、疾患・疾病に対する不安を大きく減らす事ができます。
  • 独立希望者には独立サポートあり。講師やコンサルタントとしても活躍できます。
  • 仲間がいることで事業所での孤独感から逃れられます。

 

講座紹介

改善介護士養成講座の特長

マスターコース

改善介護士認定講師として活動するために知識や技能を習得するコース




1級

高齢者の症状を改善「改善力」、症状の悪化に対処「対処力」、
医療機関や医療従事者との連携を図る力「連携力」を向上させます




2級

高齢者の要介護度を改善する基礎知識全体を習得するコース。主に「観察力」を向上させます



その他にも様々な講座をご用意しております。



よくある質問


通学がむずかしい
改善介護士講座は、原則的にインターネット学習中心に進めていくので、休日や仕事が終わった後、自宅で学ぶ事が可能です。
パソコンがありません
インターネットに繋がる場所であれば、スマートフォンやタブレットでも学ぶことが可能です。
1人で続けて行けるか不安
会員は専用ページを使い、仲間と交流することができます。不安なことや分からない事があってもサポートがあるので安心です。

その他のよくある質問はこちら▶