改善介護士とは


一般社団法人日本高齢者改善介護協議会(理事長:岩下由加里)の認定する資格です。
基本業務である介護能力に「改善力」「観察力」「対処力」「連携力」の4つの知識・能力を加える事で、要介護者のQOLレベルの改善を図る事を可能にする介護士です。

※QOL(Quolity of life )とは、生活の質と訳され、たとえ要介護状態であっても自分らしく生きること。

ナイチンゲールの看護論が改善介護の基本となります

 



こんな悩みや思いはありませんか?

  • 医療に関する知識が足りず介護と医療の連携に不安を感じる
  • 自施設の職員達をどう教育すれば、よい介護が出来るのだろう
  • オーナーや他の職員からの理解が足りず、事業所内での孤独を感じる

改善介護士養成講座は そんなあなたの抱える問題を解決するメソッドです。

施設のオーナーや運営責任者の方へ


ご自身と中心スタッフが受講、認定を
得ることが出来れば・・


  • 運営上もっとも注意しなければならない要介護者に対する医療的不安を小さくできます。
  • 優秀な介護職員、ベテランスタッフの流出を防ぐ事ができます。
  • 志高い人材、有能な人材を採用するための大きな好ポイントとなります。
  • 認定施設であることは、施設を検討しているご家族様にとって安心材料の1つになります。

 

介護職員の方へ ~仕事に活かせます~


事業所内でひとり頭を悩ませ、
心を締めつけなくても良い環境をご用意

  • 教育能力・管理能力向上により、同じ理解力を持つスタッフを育てられます。
  • 医療との連携を学び、疾患・疾病に対する不安を大きく減らす事ができます。
  • 独立希望者には独立サポートあり。講師やコンサルタントとしても活躍できます。
  • 仲間がいることで事業所での孤独感から逃れられます。

 

法人コースと個人コースの違い


当協議会の運営する改善介護士講座は、個人用として改善介護士の基礎となる「観察力」を身につけるための2級(基礎)コースと、症状を改善するために必要な「対処力」「改善力」を身につけ医療との「連携力」を強化する1級(応用)コース、そしてこれらの知識や技術を講師として2級・1級改善介護士を目指す介護職員に教育して行く事ができる力まで身につけさせるマスターコースの全3コースをご用意していますが、法人用としてはこれに加え、事業所運営に必須となる下記3コースをセットしております。


法人会員様用 限定講座

介護事業
管理運営講座


介護事業所の運営管理方法や人間関係の調整などの課題をクリアするための技術を学びます

利用者・職員募集
マーケティング講座


マーケティングを学ぶ事で利用者や働くスタッフを集めるという悩みを減少できます

介護事業
組織形成講座


処遇改善加算にも対応できるキャリアパスに基づいた組織形成術を学びます


全コース受講完了後の特典


特典1

「認定改善介護院」認定証及び」展示プレートを発行


特典

こちらもスタッフ求人のお役に立つ事ができる仕組みです。

協議会ホームページ内で事業所を紹介
認定改善介護院告知ページに掲載



※改善介護院:院とは古来、高い垣根などに囲まれた建築物を指したが、その後宮中や教育、医療など公的な機関に使われる事が多くなった。介護施設はその機能や位置づけからこの院に相当すると考えても良さそうなものだが通常そう使われる事は無い。改善介護士を擁する施設は特に医療機関との連携力も高く、より相応しいものであると考えこの呼称を使う事としております。

介護メルマガ
モデル施設
あおぞら介護
ブログ
業績集